海外「日本人の優しさが奇跡を起こした!!」野球の神様が微笑んだフェアプレーに外国人からも称賛の声

シェアする

花咲徳栄は負けはしたものの、一時は同点となった本塁打は、死球にならなかったから生まれた。

1点を追う七回1死。9番の菅原は2球目の抜けた変化球を頭を下げてかわそうとした。しかし、曲がってきた球が左肩付近に当たってしまった。球審は当たりにいったとみて、死球とは判定しなかった。菅原自身も打席から離れようとしなかった。むしろ声をかけた球審や相手捕手、相手ベンチに頭を下げた。「当たってしまった自分が悪いのでとにかく謝りました。球審からは『ケガはない?』と声をかけられた」と振り返った。

その直後だった。甘く入ってきた真ん中の直球を振り抜くと打球は左翼席に飛び込む同点ソロ本塁打になった。「人生で一番のいい当たりでした」。菅原は公式戦で本塁打を打ったことがなかった。

あらためて相手ベンチにまで謝った理由を聞いてみた。「自分は気が弱いので、戦ううえでは直さないといけないんですけど」と前置きしたうえで、「聖地と言われる場所で埼玉の代表として出ているので正々堂々とやりたかった」と申し訳なさそうに話した。(朝日新聞)

1海外の反応を翻訳しました : ID:

花咲徳栄の選手が死球を受けたにも関わらず、「自分が前屈みになったから当たった」と主張
素晴らしいスポーツマンシップだね
ちなみにこの直後公式戦初のホームランを放った

2海外の反応を翻訳しました : ID:

これって今年の甲子園?

4海外の反応を翻訳しました : ID:

MLBじゃ絶対見られないな

5海外の反応を翻訳しました : ID:

でもボールに当たりに行ってるようには見えないけど・・・

6海外の反応を翻訳しました : ID:

>>5
正確には「避けなかった」って感じか

7海外の反応を翻訳しました : ID:

ホームランを打つ自信があったら死球を選ぶ必要はない

8海外の反応を翻訳しました : ID:

あの大勢の観客を見てくれよ
素晴らしいな

9海外の反応を翻訳しました : ID:

>>8
日本の高校野球はアメリカでいう大学バスケットボールみたいなものだね

10海外の反応を翻訳しました : ID:

>>9
でも甲子園はピッチャーに200球以上投げさせるような場所だぞ

11海外の反応を翻訳しました : ID:

>>10
メジャーでさえ100球を超えることはないのにな
日本の選手達は頑張りすぎだ

12海外の反応を翻訳しました : ID:

でもこの環境はかなり刺激的なんだろうな
俺も高校時代は現在MLBでプレーしている選手達と試合したけど観客は多くても120人くらいだった

13海外の反応を翻訳しました : ID:

正直>勝利

14海外の反応を翻訳しました : ID:

>>13
ホームラン>死球

15海外の反応を翻訳しました : ID:

日本人は最高の人間だ

16海外の反応を翻訳しました : ID:

ブラスバンドが・・・エヴァンゲリオンのテーマを演奏している!!

17海外の反応を翻訳しました : ID:

彼は当たりに行ったわけではないし正直すぎるわけでもないと思う
出塁するのではなく打ちたかったんだろう

18海外の反応を翻訳しました : ID:

野球の神は微笑んでいた
そして彼は報われたのさ

19海外の反応を翻訳しました : ID:

これが「カルマ」ってやつだな

引用元:Reddit

管理人オススメ記事(外部サイトへ移動します)

まとめし人気記事!!

シェアする

フォローする

17
コメントをお願いします

16 Comment threads
1 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
0 Comment authors
  Subscribe  
newest oldest most voted
Notify of
  

内野に芝生が無いや

 

俺が今世紀初めての渾身の駄洒落を言いますッ!

内野に芝生が無いや

  

なで内野に芝生が無いの?

Anonymous

>>8
学生に限って言えば強制的に応援に行かないといけないがなw

Anonymous

流行語大賞になったダジャレを言います、
内野に芝生が無いや

高校球児にもビデオ判定望む

この試合の審判達の酷さと言ったらデットボールでもバッターが違いますって言ったら判断覆したり他にも多数ホント花咲徳栄には不利な試合にしか見れなかった

  

内野に芝生がないからビデオ導入しても画面汚らしいだけだよ

Anonymous

これを美談と思うやつって野球のルールとか駆け引き理解してないんだろ
明らかにこの交渉でバッター有利になってるし審判が上手く騙されただけ
2塁打以上打てる自信があるバッターが球当たったのに死球を拒否するなんてフェアプレーでもなんでもなく逆に小狡い交渉にしかなってない
案の定ホームラン打ってるし

Anonymous

死球より勝負したいってのが小狡く感じるとか卑屈すぎんか

Anonymous

ほんと内野に芝生さえあればなぁ

  

ダメージがなく打てそうな自信があったら死球より続行を選びたいよな。
でもこれがまかり通るようになったら、強打者潰しの怪しい死球が通用しなくなるな。

Anonymous

普通にデッドボールだな
てか選択できるの?

Anonymous

>11
避けなかったら死球じゃなくてボールになるルールがあるのだけれど
審判が選手の意見を取り入れて死球からボールに変えたんだと思う

Anonymous

でも内野にナイヤガラがある

Anonymous

デッドボールのボールはボールデッド

Anonymous

>>日本の高校野球はアメリカでいう大学バスケットボールみたいなものだね

観衆の人数からするとバスケットボールと言うよりアメリカンフットボールの方じゃないかな

匿名

広島カープの初優勝で赤ヘルブームに沸いた1975年セリーグ
チームを牽引した山本浩二は打率3割2分前後を打って首位打者も手にしそうだった
ところがある球団のX選手が打率で猛追、本当にきわどい争いになった
X選手がその最終戦最終打席で安打すれば 逆転首位打者―――というその打席は
ユニフォームの襟をかすめた死球だった これでは首位打者になれない
Xは「当たってない、グリップエンドだ」と必死にアピールしたが、球審は気の毒そうに一塁を指さした 
この瞬間に山本の首位打者が確定(.319) シーズン後 MVPも手にした
山本の奥さんが「人の不幸を喜んだのは生まれて初めてです」と泣いたと聞いて、ああいい人だなあと思ったのを今でも憶えている