海外「日本企業の技術力最高だわ!これで多くの命が救われる!」東芝が1滴の血液でがんを見つける技術を発表し海外から称賛の声

シェアする

東芝は、血液の検査によって13種類のがんを早期の段階で検出できる新たな技術を開発しました。短時間に高い精度で検出できるのが特徴で、数年以内の実用化を目指すとしています。

(NHK)

1海外の反応を翻訳しました : ID:

東芝が1滴の血液で13種類のがんを99%の精度で発見できる技術を発表

2海外の反応を翻訳しました : ID:

素晴らしい!
上手くいくことを願う!

4海外の反応を翻訳しました : ID:

日本人は勤勉だなぁ

5海外の反応を翻訳しました : ID:

サンキュー東芝!❤️

6海外の反応を翻訳しました : ID:

似たような話を聞いたことがあるな・・・
あれは上手くいかなかったけど

7海外の反応を翻訳しました : ID:

さすが日本🇯🇵

8海外の反応を翻訳しました : ID:

分かってるけど何か怖いな

9海外の反応を翻訳しました : ID:

13種類のがんって書いてあるけど具体的に教えてくれ

10海外の反応を翻訳しました : ID:

>>9
胃がん、食道がん、肺がん、肝臓がん、胆道がん、膵臓がん、大腸がん、卵巣がん、前立腺がん、膀胱がん、乳がん、肉腫、神経膠腫

11海外の反応を翻訳しました : ID:

日本人ってめちゃくちゃ賢いな

12海外の反応を翻訳しました : ID:

東芝って俺のテレビのところ?

13海外の反応を翻訳しました : ID:

凄いな
でも検査にいくらかかるんだろうか?

14海外の反応を翻訳しました : ID:

>>13
2万円以下で検査できるみたい

15海外の反応を翻訳しました : ID:

セラノスが隅で静かに泣いてるぞ

16海外の反応を翻訳しました : ID:

エリザベス・ホームズはどこにいるんだ!?

エリザベス・ホームズは2003年、19歳でスタートアップのセラノス(Theranos)を立ち上げた。血液検査に革命を起こすと豪語して、企業価値は一時に90億ドル(約9,904億円)以上と評価された。

だが『ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)』が15年10月に掲載した記事で「指先からの血液1滴でさまざまな疾病を検査できる」と謳った同社の“嘘”を報道し、内情暴露の口火を切った。そして、ホームズと元社長のラメーシュ・バルワニが18年6月15日(米国時間)に複数の詐欺容疑で起訴され、事態は新たな局面を迎えたのである。ホームズは、起訴と同時にCEOを辞任した。(WIRED)

17海外の反応を翻訳しました : ID:

>>16
ハハハw
俺もこのことを考えてたよ

18海外の反応を翻訳しました : ID:

>>16
多分東芝のR&D部門を率いてると思う

19海外の反応を翻訳しました : ID:

セラノスも実現可能だったんだろうけど困難で複雑なことを甘く見ていた
東芝はセラノスの10倍の洞察力と経験があるから実現可能だと思うよ

引用元1:Reddit

引用元2:Facebook

管理人オススメ記事(外部サイトへ移動します)

まとめし人気記事!!

シェアする

フォローする

『海外「日本企業の技術力最高だわ!これで多くの命が救われる!」東芝が1滴の血液でがんを見つける技術を発表し海外から称賛の声』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/12/01(Sun) 15:34:55 ID:d25861c70 Reply

    数年じゃなくて21~22年予定ね。
    二万円以下予定(保険無しの状態で)。
    健康診断に組み込まれれば一回6000円以下、ステージ0から発見できるんだと。

  2. 名前:匿名 投稿日:2019/12/02(Mon) 12:44:00 ID:e9740863a Reply

    胃カメラとか辛い検査のある癌や見つかり難い部分の癌も少量の血液で発見できるのはありがたいね。
    金額もお手頃で良いわ。