海外「昔の日本の写真、これが本物の”流浪人”?! 」どことなく少し怖い気がするのは俺だけか?

シェアする

1海外の反応を翻訳しました : ID:

日本の森の中を歩く人。
1800年後半〜1900年初辺りの写真。

2海外の反応を翻訳しました : ID:

これは日本の「流浪人」ってやつかい?

3海外の反応を翻訳しました : ID:

4海外の反応を翻訳しました : ID:

スマートフォンの壁紙にしたいくらい美しいね

5海外の反応を翻訳しました : ID:

彼はどこに行くんだろうか?

6海外の反応を翻訳しました : ID:

みんなには見えるか?! 木の上に忍びが二人いるのが・・・

7海外の反応を翻訳しました : ID:

雰囲気バッチリだねこういった日本が大好きだ!

8海外の反応を翻訳しました : ID:

>>1この美しい一枚の写真を投稿してくれてありがとう!

9海外の反応を翻訳しました : ID:

これが「るろうに剣心」の原作か?
本物の剣心もこういった格好だったのだろうか。

10海外の反応を翻訳しました : ID:

かっこいいね。 僕もこういった風に孤独に歩いてみたいな

11海外の反応を翻訳しました : ID:

リアル「座頭市」だ!

12海外の反応を翻訳しました : ID:

黒澤明監督の映画のワンシーンかと思ったよw

黒澤 明は、日本の映画監督、脚本家である。

妻は女優の矢口陽子。

ダイナミックな映像表現とヒューマニズムに徹した作風で、『羅生門』『生きる』『七人の侍』など30本の監督作品を生み出し、アカデミー賞と世界三大映画祭で賞を得た。

wiki/黒澤明

13海外の反応を翻訳しました : ID:

どことなく少し怖い気がするのは俺だけか?

14海外の反応を翻訳しました : ID:

「DARK SOULS」でどこからモンスターが飛び出してくるか分からない状況を思い出して怖いと思った。

15海外の反応を翻訳しました : ID:

一方、1975年のモンティ・パイソンはイギリスでこんな風に歩いてる。

16海外の反応を翻訳しました : ID:

こういった古い写真は素晴らしい。
もっと世に広めるべきだ。

17海外の反応を翻訳しました : ID:

今は白黒写真だけど、早く色を付けてくれる職人さんが現れないかな?

18海外の反応を翻訳しました : ID:

この道に終わりはなさそうだね。 どこまでもどこまでも続いていきそう。

引用元:%quote_title%

管理人オススメ記事(外部サイトへ移動します)

まとめし人気記事!!

シェアする

フォローする

25
コメントをお願いします

25 Comment threads
0 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
0 Comment authors
  Subscribe  
newest oldest most voted
Notify of
Anonymous

俺の目には僧侶にしか見えないんだが
外人どもは違う画像が見えてるみたいだな

ななし

坊さんだろ(# ゜Д゜)

   

お坊さん…w

Anonymous

海外のみなさん、歩いているのはお坊さんです。と本スレに書き込みたい。

Anonymous

ただのお遍路さんというね

名無しさん

坊さん・・・

Anonymous

坊さんじゃねーか

Anonymous

犬夜叉の弥勒でしょ

Anonymous

旅の修行僧だろ?
モンティ・パイソンwww
懐かしいな日本で云うならN○Kである、BBC放送作製

Anonymous

海外では坊さんの格好は知られてないのか
それはいかんね

Anonymous

修行僧、今でもこういう風に歩いてるの見られるけどねw

Anonymous

そもそも流浪人って作者の造語じゃなかった?

Anonymous


以上、お坊さんとの見解でした。
以下、お坊さんとの見解でお送りします。

Anonymous

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

Anonymous

古い写真を見る度に、
当たり前だけど、もうこの人はこの世に居ないんだよな~…って思っちゃう。

名無し

どう見ても坊さん
どこにサムライXがいるんだよ?

Anonymous

お坊さんだね…
今でもたまに見かけるよね…

Anonymous

作者の造語らしいね。
コスプレ的にはお坊さんより、山伏の方が強烈。

匿名

うん、修行僧だな。
昔、夜に一人で留守番してたのさ。玄関が開いた気配がして、行ってみると坊さんが佇んで読経しててビビったw(30年以上昔でかつ田舎なので、遠出と就寝時以外は無施錠だった)
托鉢なのか勧進なのか知らんけど、お金もないし親も不在だしで、「いや、あの、今、親が出てるんで…」って言っても、ずーっと読経してた。
一区切りしたら一礼して出てったけど、あれは今でも忘れられん。

Anonymous

ひたすら歩き回る修行をしてる坊さんであるw

Anonymous

ばっちり袈裟着てんじゃん

Anonymous

旅してる最中の托鉢坊主やん。

Anonymous

ブッディズム・プリーストやん

Anonymous

どこからどう見ても修行僧

それはさておき、いい雰囲気のある写真だね
こういうのに色なんか付けたらあかんよ

Anonymous

この程度なら今でもたくさん撮れるだろ