海外「日本の食物安全基準はここまで高いのか!!」鳥肉のSASHIMIを安心して食べられる国に世界が驚愕!!

シェアする

日本のレストランでは「鳥刺し」と呼ばれる生の鶏肉が提供されている。鶏肉の刺身である。

生の鶏肉は絶対に食べるべきではない。絶対に。健康への影響があるにも関わらず、日本では鳥刺しを食べる人がいる。

調理人は鶏の胸肉内側をスライスしているが、この部位はサルモネラ菌の汚染リスクが一番低いとされている。

約10秒ほど茹でるか焼き付け処理をしているが、バクテリアを殺すには十分な時間ではない。

それでも鳥刺しを提供するレストランは多い。小規模な農場と契約して、鳥が健康的に育てられていることを確認している。そして可能な限り新鮮な状態で提供される。

魚の刺身にしておいた方がいいかもしれないけど。。。

1海外の反応を翻訳しました : ID:

マジで??

2海外の反応を翻訳しました : ID:

日本では鳥は清潔な環境で、きちんと飼育されているはずだから健康被害は出ないと思うよ。

3海外の反応を翻訳しました : ID:

一体どんな味がするの?調理された鳥肉の味?

4海外の反応を翻訳しました : ID:

これは気持ち悪いな。

管理人オススメ記事(外部サイトへ移動します)

5海外の反応を翻訳しました : ID:

生の鳥肉を出す店で働いたことがあるよ。安全が確認されている鳥肉でしか刺身は作らないよ。宮崎県あたりの限られた農場から新鮮で安全な鳥肉だけを仕入れるんだ。

6海外の反応を翻訳しました : ID:

日本で生の鳥肉を食べたけどまだ生きてるよ。

7海外の反応を翻訳しました : ID:

日本人が橋から飛び降りたなら、僕も安全だと思って飛び降りることができる。だだしそれが日本の場合に限るけどね。

8海外の反応を翻訳しました : ID:

サルモネラが発生するかどうかは環境の問題じゃないだろ。鳥の肉や内臓に菌がいるのは自然なこと。

9海外の反応を翻訳しました : ID:

サルモネラはどんな鳥肉にもいるよね。。。

10海外の反応を翻訳しました : ID:

魚だってなんでもかんでも生で食べれるわけじゃない。寿司や刺身にするにはきちんとした保存と調理法が必要だ。

11海外の反応を翻訳しました : ID:

日本の鳥肉ってほとんど輸入じゃないの?狭い国だからね。。。

12海外の反応を翻訳しました : ID:

食べたことあるけど、火を通した鶏肉の方がうまいよ。食感は新鮮だけど、鳥肉フレーバーのほとんどは加熱された脂から出てくるからね。

13海外の反応を翻訳しました : ID:

これは100%健康に悪いだろう。見ているだけで死にそうだ!!

14海外の反応を翻訳しました : ID:

自分で飼育して屠殺、加工をするのではない限り肉を食べるべきではないね。少なくとも一度屠殺場を見に行くことを勧めるよ。

15海外の反応を翻訳しました : ID:

健康を顧みずジャンクフードばっかり食べてるアメリカ人も多いけどな。

16海外の反応を翻訳しました : ID:

アメリカではいかなる食材も生で提供することはできない!飼育や加工プロセスは本当にひどいからな。日本に行ったら鳥刺しを試してみるよ。

17海外の反応を翻訳しました : ID:

人間の大きな進化の一つとして食べ物を生で食べることから、調理するようになったという点があるよね。

18海外の反応を翻訳しました : ID:

日本は世界で一番の長寿国だよね?

19海外の反応を翻訳しました : ID:

食べたことあるよ。朝まで生きていた鳥だから新鮮だったけど、美味しくはなかったかな。ちなみに馬刺しも食べたことがある。

20海外の反応を翻訳しました : ID:

>>19
馬肉?信じられない。。。

21海外の反応を翻訳しました : ID:

日本のシェフは仕事にプライドを持っているわ。食中毒を出すことは彼らを破滅させることと同じこと。日本のビジネスディナーの席で「これっ食べても大丈夫?」って聞いた同僚がいたけど、私の夫はこの店は150年続いているから大丈夫だと思うよって答えてた。

22海外の反応を翻訳しました : ID:

日本はとにかく食品の安全にはとても気を使う。数年前中国製の餃子の事件があったけど、その時は大きな問題になっていた。

23海外の反応を翻訳しました : ID:

日本の食品安全基準はとても高いし、鳥刺しを出すほとんどの店ではどこの農場で育てられたか公開している。好きか嫌いかは好みによるけどね。

24海外の反応を翻訳しました : ID:

日本でなら安心して食べられそうだね。

25海外の反応を翻訳しました : ID:

タルタルステーキと何が違うのかな?

引用元:Facebook

管理人オススメ記事(外部サイトへ移動します)

シェアする

フォローする

『海外「日本の食物安全基準はここまで高いのか!!」鳥肉のSASHIMIを安心して食べられる国に世界が驚愕!!』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/09/17(Sun) 21:22:20 ID:657ee6574 Reply

    >>明日のディナーが決まったよ。
    今日本にいるんだよな・・・?
    自分で作るなよ・・・作るなよ!

  2. 名前:   投稿日:2017/09/17(Sun) 22:03:38 ID:44e3dfe1f Reply

    一方では、欧米では考えられない「ずさんさ」も、日本の食には存在するぞ。
    品質基準がザルになっている業界も多い。
    例えば、最も上質なハチミツは品質基準の厳しい欧州に優先的に回され、
    次がアメリカやブラジル、日本は第三世界と同じ扱いだ。
    オリーブオイルにしてもそう。日本にはオリーブオイルの品質基準が全くないことは
    よく知られている。

  3. 名前:匿名 投稿日:2017/09/17(Sun) 22:05:51 ID:ad49f2bc4 Reply

    安全基準が高い国なら0-157で死ぬ事は無いだろ

  4. 名前:匿名 投稿日:2017/09/17(Sun) 23:18:56 ID:a379954e8 Reply

    鶏肉専門店で刺身とかレバ刺買うけど
    安全基準の関係で買えるか買えないかはその日によるんだよな

  5. 名前:   投稿日:2017/09/17(Sun) 23:26:25 ID:86870e0f7 Reply

    なお三歳の子供が亡くなった模様
    もっとしっかりしてくれよ

  6. 名前:匿名 投稿日:2017/09/18(Mon) 00:11:34 ID:89dc6a26a Reply

    死ぬかもって思ってるところはちゃんとして
    腹壊す暗いだろと思ってるところはきちんとせずo-157で殺してる
    あれは殺人だわな立派な 食べ物は人を殺せるとわからないのかねぇ

  7. 名前:匿名 投稿日:2017/09/18(Mon) 00:55:50 ID:ca679390e Reply

    鳥刺しなんて馬鹿の食べ物。
    保健所に勤めてる知り合いは、どんだけウイルスやら菌が居るかを知ったら、とてもじゃないけど食べられない、正気の沙汰ではないと言っている。
    生食用の鶏なんて存在しない。

  8. 名前:匿名 投稿日:2017/09/18(Mon) 02:10:54 ID:2c7e0fafd Reply

    生の鳥安心かなぁ。俺は生の鳥レバー食って腹痛くなった。

  9. 名前:匿名 投稿日:2017/09/18(Mon) 03:16:12 ID:2d618722d Reply

    欧米人って生食を野蛮だと思ってるんだろうな。
    一週遅れなのが理解できないようだ。
    昔の生食と今では価値観が違う。
    今の生食は贅沢品。
    様々なリスクをクリアして提供するわけだから。
    生食−>加熱処理−>食の多様化で”生食”という流れ。
    欧米人は、加熱処理止まり。
    日本の食文化のなかで生食の占める位置はそれほど大きくない。
    つまり+アルファーの食事スタイル。
    日本の食文化の特徴は多様性。ここをもっと外国人に伝えないと。

  10. 名前:匿名 投稿日:2017/09/18(Mon) 03:34:47 ID:07ee48a97 Reply

    鳥って認可されてる処理場あるんだっけ?
    馬までにしとけよ

  11. 名前:  投稿日:2017/09/18(Mon) 03:50:50 ID:a13e333ec Reply

    今年の6月に八王子の居酒屋で鳥刺し食った人たち30人弱が、カンピロバクターで集団食中毒になってたよね。
    カンピロバクターは本来は鳥の肉には存在しない菌だけど、飼育環境にかかわらず、あらゆる鳥の内臓に存在してる。
    鳥刺しなどでの感染事例は、鳥の解体作業中、内臓と肉が接触し肉が汚染されることが原因だから、新鮮かどうかが重要なのではなく、解体作業が完璧に行われていたかどうかが食中毒になるかの分かれ目になる。鳥刺し用に内臓と肉を一切接触させず完璧に解体するのは、神の技術に近いほどの解体精度が要求される。たとえ〆てから数時間の新鮮な肉であっても、解体作業中に菌が付着した場合は、極少量であってもカンピロバクターは爆発的に増殖してしまう。
    鳥刺しを食うのはロシアンルーレットをやってるようなもんで、あまりにもリスキー。

  12. 名前:匿名 投稿日:2017/09/18(Mon) 06:36:17 ID:8347e074c Reply

    鳥刺しになる鶏は、ワクチン接種してあるから比較的安全なんじゃなかったっけ?

  13. 名前:匿名 投稿日:2017/09/18(Mon) 08:22:56 ID:787ddb18e Reply

    タルタルステーキは美味しそうと思う反面、日本だと安全性は不安になるな
    その国の文化として根付いて衛生基準がしっかりしているなら生食は現地で食べるのが一番安全な気はするけど
    ただタイ料理のパパイヤサラダはタイ在住の日本人に腹こわしたら死ぬかもしれんからタイでは絶対食べるなと言われたので日本でしか食べたこと無いけど

    • 名前: 投稿日:2017/09/18(Mon) 11:15:52 ID:4d7f32435 Reply

      タルタルステーキは元々タルタル人(タタール人・韃靼人)の料理で、広くユーラシアを移動している遊牧騎馬民だった彼らが、生で比較的安全に食べられる戦場食(レーション)として馬肉を火を使えない時に生で食べたものが起こりと言われる。(元来、馬は非常に小型なので、戦場へは一人の兵士が自分用に複数の馬を連れて行った。馬が傷ついたり潰れたら弁当代わりにして食べた。当然成獣なので身が固く挽肉にしないと食べれない。ちなみに挽肉自体が遊牧民の発明ともいわれ、遊牧民の代表的な末裔であるトルコには非常に挽肉料理が多い。また、ハンバーグはタルタルステーキを後述する”宗教的に”食べれるように焼いたものと言われる)

      地中海ヨーロッパで流行ったアブラハム系の宗教は元々”血の滴るものを食べてはいけないもの”つまり生食を禁止していたが、タルタル人との交流によって、生で肉を食べる文化が流入し、馬肉(遊牧)から牛肉(牧畜)へと移り変わりこそすれ、タルタルステーキとして西ヨーロッパで普及することになる。またドイツにこれが入ってくると、豚肉を生で食べる文化が誕生するにまで至る。(ドイツでは生豚肉料理は一般的)
      ただ、宗教的にタブーな面はもちろんあるので、ドイツ周辺で起こったハンバーグはタルタルステーキを焼いたものと言われる。ドイツでソーセージやハム、ベーコンなどの加工品が盛んになったのは、それらを作る技術が遊牧民からもたらされたものであったが、キリスト教との兼ね合いから肉をそのままでは食べられず”血が出ないように”塩蔵して食べたのではないかとも言われる。

  14. 名前: 投稿日:2017/09/18(Mon) 10:45:43 ID:4d7f32435 Reply

    鳥を生で食べるのは危ないに決まってる。日本でも鶏肉の食中毒で営業停止処分されてる店は多いけど、なぜか牛肉ほど騒がれるケースは少ない。(レバ刺しやユッケほど一般化されてないし、日本人でも避ける人が多いのが理由ではある。)

    サルモネラを気にしてる人が海外では多いけど、これは鶏肉の製造工程で汚染されるリスクが非常に高いから。鳥は身が小さく人間の手でも加工するのが大変なので、加工しやすいように肉を水をかけながら膨らませて調理する。それに面倒だから包丁もそのまま使いまわしたりするので、本来内臓にしかいないサルモネラ菌が肉にも移ってしまう。サルモネラは腸内細菌だから生きた鳥の筋肉では増殖できないからきちんと捌けば肉にいるはずのない菌ということ。カンピロバクターも基本的には内臓にいるので捌き方がかなり影響するもの。

    捌き方で確率で違ってくるとはいえ、フグとは違って感染性のものだから、正直やめといた方が無難な食品だよ。鳥は。

  15. 名前:匿名 投稿日:2017/09/18(Mon) 12:35:29 ID:6744c66d4 Reply

    生まれてこの方地鶏の刺身食いまくってる九州人だけど体調悪くしたことなんかないぞ…

  16. 名前:匿名 投稿日:2017/09/18(Mon) 20:05:23 ID:dbaccb7b7 Reply

    食文化の発達してない土人ってのはホント他国の食文化にケチしか付けんよな

  17. 名前:匿名 投稿日:2017/09/19(Tue) 23:15:57 ID:e80c4e934 Reply

    ほんの20年前は生魚すらダメだったくせに偉そうにな

  18. 名前:匿名 投稿日:2017/09/21(Thu) 13:02:02 ID:59e506ece Reply

    鳥刺し文化のある地域から言わせてもらえば。
    直搾りミルク飲んでる地域と生の貝や豚食べてる地域は墓穴掘るから喋るなと。